中村亮

いつもありがとうございます。

尿酸値が高くてお悩みの方は数多くいます。尿酸値が高くなると怖い病気は痛風です。
字の様に風が当たっても激痛が走る非常に辛い病気。

しかし尿酸そのものは決して悪者では無いのです。
人間以外の多くの哺乳類の尿酸値を測ると、約人間の半分ほどしか有りません。
尿酸値には高い抗酸化力があるので炎症を抑える働きがあります。
この抗酸化力で人間の寿命は他の哺乳類と比べて長寿になったと考えられているのです。

しかし尿酸値は一定の値を越えると急激に自分の身体に悪さをするのです。
代表的なものが痛風、その他にも慢性腎臓病(透析が必要な病気)、心臓病での死亡リスクの上昇など、怖いものばかりです。また一度上がった尿酸値はなかなか下がりません。

今まで尿酸値が高い人は、普段の食生活に大きな原因があると考えられていて、たまごや魚卵、甲殻類、アルコールなどに含まれるプリン体の摂取が多いと、プリン体が肝臓で分解され尿酸が作られます。この結果、尿酸値が上がると言われていました。

しかし最近の研究で、食べ物から尿酸値が上がるのは2割程度で実は8割は細胞に原因がある事が分かりました。具体的にはプリン体は自分の身体の中で作られているのです。
尿酸は腎臓で尿によって体外に排出されます。今までは摂取量が多い為に尿酸値が上がると思われていたのです。

ところが、最近の研究では、摂取量の問題ではなく、排出の方に問題がある事が分かりました実に尿酸値の高い人の9割が排出に問題があるのです。

この排出の問題を食べ物で手助けしてくれる方法が見つかりました。
それは牛乳です。牛乳に含まれるガゼインと言う物質が胃腸で分解されると、
アラニンと言う物質に変化します。
このアラニンが腎臓の尿酸の排出を手助けをしてくれるのです。

牛乳の摂取量は、コップ一杯です。(低脂肪乳の方が効果が高い)
牛乳が苦手な方は低脂肪ヨーグルトでも効果はあるそうです。

この方法で高尿酸値の全ての人が解決する訳ではありませんが、
かなり多くの人の改善が見込めると思われます。
コップ一杯の牛乳であれば続けやすいので、尿酸値でお困りの方は、
是非やってみて下さい。

【参考】
2017年1月にNHKの「ためしてガッテン」でも尿酸値のことが放送されました。
覚えている方もいらっしゃると思います。

ためしてガッテンのページはこちら→「プリン体じゃなかった!尿酸値を下げる秘策SP

NHKの健康chにも痛風についての記事がありました。→痛風 最善の対処法「こうして治療」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。