中村亮

いつもありがとうございます。

春先になると寒暖差によって体調を崩す方が増えます。
理由は様々ですが、意外と気が付かずに多くの方がなっている身体の不調があります。

それは慢性脱水症状です。

真夏や真冬に比べて春先は水分摂取量が減ります。これは秋口にも言える事ですが、
夏は暑さのため水分量は増え冬も寒さの為暖かい水分の摂取が増えます。
今の時期は気候的に丁度良い為、さほど喉も渇かず、汗もかかない為知らず知らずのうちに
水分摂取量が減っているのです。

慢性脱水症状になると疲れる・だるい・めまい・頭痛・食欲不振・むくみ・こむら返り
など様々な症状がでます。また自律神経も乱してしまい、自律神経失調症などを起こす事もあります。

今の季節を元気に過ごす方法の1つとして、水分摂取は1つのポイントです。
水分摂取量は1日2.5ℓ 必要とされています。それは1日に同じ様に2.5ℓの水分が体内から排出されるからです。
上手な水分摂取方としてオススメなのは、ちびちび飲み。
1度に大量の水分を摂取するのでは無くて、少しずつ飲むのがポイントです。

今の時期、体調がすぐれない方は1度お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。