Do you know it?🤔 Tag a friend👇😉 _ 📣Credit 5 minute crafts

ᴠɪʀᴀʟɴᴏᴠᴀ365 ®さん(@viralnova365)がシェアした投稿 –

店長の宮澤より、この画像に関する質問がありました。

「じゃあ、和式の方がいいってこと?」

確かに、便をスムーズにということでは、一理あると思います。
では、和式がいいのかというと必ずしもそういうわけじゃ無いと考えています。

この図の筋肉は、恥骨直腸筋。
排便という作業は、腹筋や肛門括約筋など複合的に便を出しているので、
この図にある恥骨直腸筋だけではなく、全てのバランスが大切です。

お尻に関する症状では、痔があると思いますが、
痔の一つの原因として、肛門括約筋の「血行」である場合もあります。

オリーブオイルをつけた指を第二関節まで入れてマッサージすることで、
血行を改善したら、痔の症状も改善されたなどという話もありました。

この図は、日本ではなく海外での投稿かと思いますが、
これがそのまま日本人にも当てはまるということでもないのです。

それは、そもそも日本人と西洋人(特にアメリカ人)と腸が違うとは良く言われます。
日本人の大腸は、繊維質の多く油の少ない食事のため、長くできている。
アメリカ人の大腸は、油が多く肉が多い食事のため、短く吸収の少ない仕組みになっているとも言われます。
極端な話、アメリカ人の腸は、栄養素が多く残っているままで排便して、日本人は逆に栄養素を取り込みやすい腸ということ。

ですので、アメリカ人が和食にすれば、即ダイエットに繋がるし、
逆に、日本人がアメリカ人の食事をすれば急激な体重増加に繋がることになると言う方もいらっしゃいます。
大腸は、その国のお医者様に診てもらうことが大切などと言われるのもこういうことが関連しているんですね。

最新の研究では、腸の長さや状態は人種の違いだけではなく、
年齢によっても変化するということがわかってきているという話もあります。
ですので、自分自身の腸の環境や状態がどうであるかを知ることが大事になると思われます。

これは、腸内フローラという壮大な世界にも関連しているので、ものすごく長い話に
なってしまい、まだまだ研究途中のことがありますので、今回はこの辺で(笑)

ですので、この図の恥骨直腸筋の位置や排便の体勢だけが関連しているわけではなく、
何事もバランスが大切ということになります!

和式にしたら、この図の問題が解決するのかというとそうとは言い切れないのには、
腸とは関係がないけど膝に良くないという事こともあります。

和式のトイレも膝の痛みの原因のひとつと言われています。
現に日本人も椅子やベットでの生活環境になってきたことで、膝の悪い人が減ってきています。

膝が痛い人が、和式のトイレを使う場合、脚を踏ん張る事に一生懸命になりすぎてお腹に力が入り、
逆に便が出にくくなる可能性も出てくるのです。

 

このインスタの図に関して受けた、店長宮澤の質問に対する答えは、
スムーズな排便に必要なトイレのスタイルは、その人その人の状況によって個人差があり
一番大事なのは、リラックス出来る環境が良いとも言えます!

動画に出てくる英語の参考↓

intestine:腸
squeezed:絞られた、握り閉められた
constipation:便秘
irritable bowel syndrome:過敏性腸症候群
hemorrhoids:痔
bowel cancer:腸の癌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。