中村です。
前回に引き続き、腸内フローラについての3回目です。

1回目はこちら
2回目はこちら

質の良い腸内フローラとは。

腸内細菌には良い細菌と悪い細菌が存在します。これを善玉菌と悪玉菌と言います。
腸内を健康な状態に保つ為には善玉菌を増やす事が大事です。つまり善玉菌の多い腸内フローラが出来上がるのです。

今の研究では食事だけで自分の腸内細菌を全て良質な腸内フローラに入れ換えるのは難しいようです。
しかし食生活を見直す事で10%位は良質な腸内フローラに変えられる様です。

全体の10%ですが自分で実感出来る位の良い変化を感じられます。

ではどの様な物を食べれば良いのか、まずはヨーグルトなどのビフィズス菌、乳酸菌、植物性乳酸菌などの腸内細菌を入れる事、そして食物繊維や発酵食品などの腸内細菌の為に良質な食べ物を入れる事です。

1回や2回ですぐに変化するものではありませんから、長い目で取り組みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。