こんにちは、スタッフ宮澤(史)です。

ほんとにいつまでこのジメジメ気候が続くんでしょうね・・・
小学校のプールも幼稚園の水遊びも全く予定通りには行かず、残念がる最近の我が家のキッズたちです(^-^;)

雨の日は何故だか体調がよくない体質の私ですが、今回の長梅雨の湿気と気圧の低さ、はたまた微妙に肌寒い気温のせいか、長男(3人め・4歳)がノックダウン・・・。

40度の熱のせいで吐き気ももよおし、洗い桶を枕元に。一人子供が体調を崩してしまうとほんとにそれだけで大変。
母親もしかり、他の子供たちに移らないようにしたい。

同じコップやカトラリーをうっかりつかわせない。

顔を近づけない。

チューはしない(笑)

などなど基本的なことに合わせて行う我が家の習慣をご紹介したいと思います。

嘔吐した後の洗い桶を水できれいにしたあと、ジャームブロックをシュッシュしておくとほんとに安心。石けんではいろんな菌がなくならないと知ったときは、うそーっと思ったものです。

あとは、子供にマスクさせておくのって結構難題です。
まず付けたままにしてくれない!一瞬つけただけで放置されたマスク、捨てるのもったいなくって、私はそのマスクにもシュッシュして乾かして再利用してます。

 私はアルコール臭が苦手なのですが(病院みたいで)、ジャームブロックは臭いがないのが有り難いところです。

刺激臭がないので子供たちにも好評で、犬など嗅覚の強い動物の周りでの使用も気にならないなぁ、と生活していて思いました!

ジャームブロックの具体的な使い方、少しでもイメージできますでしょうか。
お役に立てればうれしいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。