女性の皆さん、最近お通じはきちんと来ていますか?
便秘が続いている、肌荒れが気になる…

上記のようなお悩みをかけている方もいらっしゃるのではないでしょうか

それはビフィズス菌不足が原因かも知れません。

このビフィズス菌が足りないと、便秘を引き起こします。
そうなると便腸管でのバリア機能が低下して、悪玉菌等の悪い菌が体内に入りやすくなる、というのです。
その結果、肌荒れや・乾燥などを引き起こしてしまうのです。
赤ちゃんの時には腸内にたくさんビフィズス菌がいますが、大人になるにつれて、ビフィズス菌が減少してきます。その上ストレスや食物繊維不足、便秘をすることでさらに減ってきますので、どんどん悪循環が生まれてしまします。

もちろん、便秘や肌荒れは市販薬を飲まれたりすれば改善されるかも知れません。
ですが、腸内バランスが崩れていれば、また便秘が起こる可能性はあります。
ますはビフィズス菌を増やして、腸内バランスを整えることから始めましょう。

(参考)

肌のくすみや乾燥…腸内のビフィズス菌不足が原因

【日本女性の約66%が便秘!】原因はビフィズス菌の減少、今注目の「腸内メンテ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。