3月になりました。
今日は花粉がだいぶ飛んでいるそうです。
幸い、花粉症ではない私はわからないのですが、花粉症のスタッフはとっても辛そうです・・・。

ドライノーズ

実は初めて聞きました。
鼻の粘膜が乾燥してしまうことで、乾燥性鼻炎とも言われているそうです。
鼻の中がカサカサになるのは嫌ですね・・・。

こんな記事がありました。

 

風邪やインフルエンザの原因にも!?実は危険な「ドライノーズ」の症状や予防法

ひどくなりすぎると、花粉症を悪化させたり、インフルエンザなどの感染症に罹りやすくなるそうです。
現代の人は、多くの方がエアコンのある環境にいますから、いつの間にか!なんてことになっているかもしれません。

子供のころ、親から鼻で息をしなさい!なんて言われた記憶があります。
鼻はフィルターの役割をしているということですが、ドライノーズになってしまったら、乾燥を防いだり、マスクをしたりして対応するしかなさそうです。

オフィスでは、J-BOY(除菌水専用空間清浄システム加湿機能付き)を数か月使用しています。
次亜塩素酸水 加湿機能付空気清浄機 J-BOY
(写真はオフィスに置いてある、J-BOY)

こちらでご紹介している、ジャームブロック(次亜塩素酸水)を使用して、室内に空気清浄をしつつ、加湿します。

インフルエンザやノロウイルスに有効な次亜塩素酸水ですから、ウイルスを大幅に抑制し、悪臭を除去する機能も付いています。

実際にオフィスで使用している良さを実感し、スタッフで購入した方も。
おうちで使った感想は、家族の咳がとても減ったと言っていました。

人の出入りが多い、店舗や公共のスペースではでは、さらに花粉よりもっと小さいインフルエンザウイルスも通さないモースマスクをすることで、より抑えて、ドライノーズがひどくならないに対策してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。